FC2ブログ

カイロの食べある記

Welcome to my blog

Maison Le pin mura(メゾン・ル・パン・ミュラ)@名古屋市中村区

名古屋駅前、新しくできた大名古屋ビルヂングの3階に入っているフランス料理店です。

ランチ・ディナー共、メニューは清くコース1種類のみです。
両方とも予約は2部制で、各部は更に30分差で区切られています。
つまり、ランチ・ディナー共予約時間が4段階に分かれているということです。

今回はカミさんの誕生日にノーナ・リーヴスのライブを見に名古屋に訪れ、その前に14:15スタートの遅めのランチを頂きました。

座席数はカウンター4席と2人掛けテーブルが3台の計10席のみです。

ワインをお任せにすると、グラスが空いたら次の料理に合うワインをマリアージュしてもらえます。
グラスワインの量をハーフにしてもらうこともできるので、ちょっとずつ色々なワインが頂けるのはいいですね。(*^_^*)

それではコースの始まりです。


   ウエルカムフード

土から生えたイメージでふきのとうをサブレに仕上げています。
コンフィチュール、いわゆるジャムに仕上げたものを生地に練り込んでサブレにしています。
甘くは無く、塩味が効いてます。
見た目10個ありますが、この中で実際食べられるのは窪んだとこに置いてある4個です。

       シャンパンハーフグラス

テタンジェ
ふくよかで塩分と中和される作用があるらしく、ウエルカムフードと相性がいいです。

         瓶ビール

グラスに注いで出してくれます。

 緑健トマトのムース

お店のスペシャリティ、看板調理です。
漫画「美味しんぼ」にも出てきた静岡県掛川の緑健トマトを使っています。
このトマトは石ころ畑で水をほとんど与えず、トマトの生命力だけで甘みを最大限に引き出す永田農法で作られています。
このトマトを100%使用したムースです。

  フォアグラのパルフェ

フォアグラのテリーヌと新人参のピクルス、アイスクリーム状にしたハーブの一種ウイキョウを飴細工で包んでいます。
下はオレンジソースです。

ディップ

オリーブ、ケーパーとアンチョビを合わせたタプナード、類豚肉と野菜を柔らかく煮込んだリエットの3種類です。

 天然酵母のパン


   前菜の盛り合わせ




ホタテイカ:外側はスモークをかけ芽キャベツのディップが付いてます。
ローストビーフ:愛知県の知多牛に優しく火を入れ、塩バルサミコ酢で味を付けたウドとわらびを巻いています。
サクラ鯛のマリネ


サクラマス:38度の低温で火を通しまったりした質感です。付け合せに新玉ねぎのピクルス、サワークリームがあります。
桜海老のフリット:下に長芋のチップとアボガドのディップがあります。
テリーヌ2種:鯛の身をゼリー状にしています。
春らしく桜を意識した前菜でした。

パン

天然酵母のパンです。

          白ワインハーフグラス


     燻製の香りのバター

とてもスモーキーなバターで美味しいです。
パンが進みます。

  メバル

メバルの温かい料理です。
スープはメバルとあさりの出汁で取ったコンソメのスープに生姜を浸しています。
中にヨモギを使ったお餅のようなニョッキも入っています。
上に山菜が盛られ、ライムの皮を削ってアクセントをつけています。

   ホロホロチョウ


地鶏のように旨味の強い鳥肉です。
お出汁で炊いています。
赤いソースは骨で出汁を取り肝でコクを出し、マデイラワインとコニャックで香りを付けています。
一番下はウスイエンドウ豆とそのピュレソースです。
上にはハマグリの泡のソースや本ワサビのスライス、葉ワサビ、花ワサビを飾っています。

デザートはカミさんへメッセージを入れて頂きました。

真ん中はマスカルポーネのムース、上にはエスプレッソソース

サイドにチョコレートのパウダー、砕いたエスプレッソの豆、ストロベリーが散りばめられています。

全体でティラミスになるイメージのデザートです。
付け合せにメレンゲのお菓子、コーヒーのお菓子ほうじ茶のアイスクリームも添えられています。

  茶菓子のプチフール



ブールドネージュ:雪の球という意味のクッキー
ショコラ:生チョコのような口溶けの焼き菓子、上はココナッツの味のチュイールです。
パート・ド・フリュイ:杏の味です。
生キャラメル:フィルムに包んでいます。
ギモーブ:パッションフルーツのマシュマロ

      コーヒー


      ハーブティ


料理は季節を感じさせる食材が使われ、四季が楽しめます。

サービスも行き届き素晴らしかったですが、1つ気になったのは料理の説明時です。
隣のお客さんにも別のスタッフが同時に説明していたので、声がダブって聞き取り難かったです。

調理技術や盛り付けが先端を行くフレンチで、この場所を考えるとお値打ちと思います。


☆゚*:・.。.・:*゚☆゚*:・.。.・:*゚☆ ゚*:・.。.・:*゚☆゚*:・.。.・:*゚☆

Maison Le pin mura(メゾン・ル・パン・ミュラ)
052-433-1915

愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング 3F
営業時間 11:00~23:45(L.O.21:15)
定休日 大名古屋ビルヂングに準ずる
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply